頼れるCRCの息子と酒好き糖尿病の父

私の父は、定年退職をしてから体調を崩すことが多くなりました。
現役の頃は健康で、熱を出すどころか風邪をひいたことも見たことがありません。
そんな父親が風邪をひいたり、膝痛や腰痛で病院へ行くことが多くなりました。

ある時、父親が熱を出したと母から聞きました。
38度台となかなか高い熱で、食欲が全くないと言うのです。
父親は食欲がなくなる、ましてやお酒も欲しくない、ということが今までなかったので、母親は心配していました。
熱が数日続き、病院を受診し、解熱剤などはもらいましたが、熱は一向に下がらず、飲酒欲も食欲もない日が続きました。

そんな日々が二週間弱続き、病院を再受診しました。
肺炎になっているとの診断で、大学病院への入院が急遽決まったとのことです。
本人はそれほど重大だと感じてはいなかようですが、血液中の酸素濃度が低くなっており、すぐに酸素マスクをされ、いろいろな検査が始まりました。

数日経過し、検査結果が出たとのことで、母親が担当医の説明を聞きに行きました。
やはり肺炎を起こしていること、それと同時に糖尿病も指摘されたようです。
母親は糖尿病は寝耳に水で、大変驚いていました。
唯一の救い?が、担当医が兄より少し年上くらいで、とても気さくで相談しやすい先生だと喜んでいました。

肺炎は、安静と投薬治療によって体調も良くなってきましたが、問題は、同時に発覚した糖尿病です。
病院では糖尿食が提供されました。
もともと父親は痩せの大食いで、体調を崩したから食欲が落ちていたものの、病院で健康に戻ると、それに伴い食欲も元に戻ります。
そうなると、病院食は量が少なく、脂質を落としているため、全然物足りなくなっていました。

退院の予定が立った頃に、栄養指導と担当医の説明を受けました。
糖尿病といっても、それほど重症ではないので、食事内容にそこまで厳しくする必要はないけれども、全体的に量を少なくするように言われました。
あと、父親が大好きなお酒もです。
母親は、深酒をして転倒して家に帰ってくる事もある父親のお酒の量を、何としても減らしたかったので、担当医にお酒についても質問したようです。
担当医は、父親が深酒をする話を母親から聞いて、あ、僕の父親と同じですね、僕の父親も酒が大変イケる口で、深酒しては転倒して帰宅することがあり、その都度母親から愚痴の電話がかかってくるんですよ、本当に周りの者は心配が尽きないですよね、と言ったそうです。

お酒は美味しく飲むことに楽しみがあるので、適量を守ってくださいよ、と念を押されていました。
父親も信頼している担当医に言われると、頷くしかなかったようです。
わたしの兄も医療関係の職に就いていて、CRCとして活躍しています。
⇒⇒⇒crc薬剤師求人cro.com

私たちよりも断然に兄のほうが投薬について詳しいので、頼れる兄がいて良かったです。
父も、少し安心そうでした。

東京のパート薬剤師さんはわたしにとっての最高のカウンセラー

メンタルクリニックって混んでますよね。
都内にはこんなにたくさんのクリニックがあるののに、どうしてどこも混んでいるんだろう・・・。いつも思います。
予約が数か月待ちのところもあれば、受診はすぐできるけど、待合室がいっぱいというクリニックまで、様々です。

職場や学校での無料カウンセリングを利用できる人はともかく、保険適用できないカウンセリングよりは、保険適用されるクリニックへ行きますもんね。
それにカウンセラーの資格はさまざまで、医療機関は臨床心理士だろうけど、職場が契約している民間のカウンセリング委託されてる業者のカウンセラーは産業カウンセラーをはじめ、よくわからない資格名だけが並んでいる。
それでも相性の合うカウンセラーと出会えればいいけど、そううまくはいきません。

うつ病で職場離脱は、本人と家族にとってだけでなく、職場にも損ですね。
患者が増えて診療時間が限られて「1分診療」と揶揄されて患者は不満を募らせて、やがて勝手に転院するか通院を止める、では医療機関にもマイナスだ。
ストレスチェックは義務づけられましたが、どこまで効果あがりますかね。

昨今のニュースを踏まえて、会社は転職サイトを見ても残業時間が短いことを強調していたりします。
単純に勤務時間が短ければいいという問題じゃありませんけどね。

カウンセリングを重視していると謳っていても、保険適用できる条件が限られているので、カウンセリングは実費というクリニックは多いでしょう。
治療ではありませんし、どの程度効果があるかも未知なのに、金額は高い。
まあでも病気になり、他者との接触が少なくなるとカウンセラーでも医者でもいいから、なにか話す機会があるのはいいことではあると思います。
少なくとも時間の制限はあっても、カウンセラーは嫌な顔も自分の意見を押し付けることもなく話を聞いてくれる、はずです。

今の制度では医師か条件付きで看護師のカウンセリングでないと保険適用できないのですが、他にも条件はある、医師や看護師として必要な能力とカウンセラーとして必要な能力はまた別のはずです。
でなければ、別の専門職になっている意味がない。
有効に活用できればいいのにね。

薬と同様、カウンセリングが万能だとは思っていません。当然です。
うまく使えればいいと思うので、使いやすくなればいいと思うのです。
しかし、いつも私のたわいもない、よもやま話を嫌がることなく、しかもタダ!で聞いてくれる東京のパート薬剤師さんは、わたしにとってはカウンセリング以上の効果があります。
薬剤師 パート 東京

婚活サイトで誘いのスルーは結構つらいけどしょうがない

婚活サイトで恋活していると、出会いはけっこうあるんですよね。

それで、親しくLINEとかするようになって、「そろそろデートでもどうかな」と思うこともありますよね。

なかなか誘ってくれないと、女性側から誘ったほうがいいかな…と思い、さりげなく、お茶でも…なんて誘ったことがあったんです。

でもそれっきり返信がこなくなったことがありました。あれはなんだったんだろう…と思います。誘わなければLINEは続いていたんでしょうか。

そもそもなぜLINE交換したのかな…と疑問です。興味がないのなら最初から交換しなくてもいいのに。そのときにスルーしてくれるべきですよね。

あとは、「寂しいひとりもの」アピールする男性いますよね。そういうのをされると、「気があるのかな?」と思ってしまいます。

それで、さりげなく食事でも…と誘ってみたりするじゃないですか。すると、これもスルーなんですね。

その気はないけど、「さびしい」ということだけアピールしたかったのか、と驚きました。誤解しちゃうようなことは、自分も言わないようにしないとな…と思いました。

その気がない人には「楽しい」「忙しい」アピールしたほうがいいですね。ひとり身が寂しとか言われたら誤解すると思うので…。

でも、自分も気がない人からLINEが来てもスルーしちゃうことがあるので、お互い様なんだろうなと思います。下手に「可哀そうだから」と律儀に返信していたら誤解しちゃいますからね。

でも、自分がスルーするのはなんでもなくても、スルーされるとかなりキツイですね。正直、ムカッともきます。でも、いまは「その気がない人に関わっていてもしょうがない」と思って、すぐにLINE削除したりしちゃいます。どうせ返信こないですからね。

でも、最近の男性って、あんまり自分からは「○○いこうよ」とか誘わない人が増えているような気がします。なんか、「誘われるのを待ってる」感じがするんですよね。断られるのが怖いのかもしれません。

確かに男性のほうが女性よりはプライド高そうですから…。でも、少なくともクレジットカードがないと今どき婚活サイトにさえ登録できないですよ。

もし、すぐにでも登録したい方は婚活サイトクレジットカード以外で挑戦してみて下さいネ。

未経験の薬剤師でも求人あるのかな?

介護保険ではなく医療保険で訪問看護が利用できるってご存知ですか?

僕は薬剤師としては全く未経験で知らなかったのですが、実はそういうことらしいです。

かなりブランクがあるんで、再就職は厳しいかな・・・と思ってるんですが、やり方によっては転職もできるみたいです。

詳しくはこのサイトがオススメです。⇒<<薬剤師求人未経験>>

医療的な看護や介護が必要になった時に、一般の人が真っ先に思いつくのは、介護保険認定ではないでしょうか。もちろん、介護保険で認定を受ければ、介護度に応じた介護や支援を受けることは可能です。しかし、介護保険の申請をして認定を受けるまでには、早くても1か月程度はかかってしまいますので、すぐに在宅での看護を受けたいと思っても間に合いません。

 

そんな時に、役立つのが医療保険を使った訪問看護です。主治医が必要だと認めることで訪問看護ステーションから聞き取り調査に訪問をしてくれて、早い場合なら1週間程度ですぐに利用が出来るのがメリットです。確かに介護保険にはそれなりのメリットもあるものの、今すぐに利用をしたい場合や看護を適切に受けたい時は、訪問看護の方が適していると言えます。

 

利用者によって利用日数や時間は異なりますが、大体、週に1回で1時間というケースが多くなっています。内容は、体温、脈拍数、血圧、聴診、食事内容、お通じ、排尿の回数などを聞き取りしてから、それぞれの利用者に応じたリハビリの指導、軽いマッサージを行うのが一般的です。

 

利用料は、口座引き落としにしているところが多いので、利用した月から2カ月後に決まった口座から引き落とされるので、現金の受け渡しが無いのも安心です。また、医療保険を適用しているので、自己負担分だけの支払いで済みます。後期高齢者で1割負担の利用者の場合には、おおむね月の料金が4000円から5000円程度になります。

 

訪問看護を利用するようになって、通院だけでは見逃しがちな身体の変調もいち早く気づくことが出来るようになるので、治療も早く開始できます。また、訪問看護を利用する利用者は、持病を持っているために必要と認められているので、管理や悩みについても訪問看護師に相談が出来るため安心感が得られるようになります。

 

出かけることが一人では出来ない方や困難な方も、訪問看護を利用することによって訪問看護師との会話も出来るので楽しみにしていたり、気持ちの張りが生まれたりするメリットもあります。介護保険だけではなく、医療保険での訪問介護も細かに設定されているので、健康に不安を抱えている場合、家族が心配になっている場合などは主治医に相談してみるのも有効な方法です。

英語力を活かした薬剤師の求人もあるんです

もう、またやってくれちゃいましたよ!
看護師さん採血3連続失敗。。
かなり凹む。

確かに、私の血管はかなり細いらしいんです。
でもちょっと3回連続失敗ってひどくないですか?
要するに4回針を刺したわけです。

今日で、3日経ちましたが、腕のところに、青アザのようなものがかなり目立ちまくり!全く!冬で良かったよ。

。。。。と思いながら、次もあの看護師さんに当たったら嫌だなぁなんて思っています。
少しブルーです。

この病院は個人医院でしたが、大病院でたくさんの人数で、採血する。
と言うような採血部屋がある病院の場合は、私は必ず言うのです。
自分の身を守るため。

『私は血管が細くて採血が、やりづらいみたいなのでベテランの方にお願いします。』

これを言っても、本当にこの人はベテランなのだろうかと言う衝撃的な時もありますが、それでもだいぶ防げます。
なぜこんなことを言うようになったかと言うと、以前1回採血をした血が逆流してしまって(私は低血圧)貧血気味だと言うのに、何回もやり直しをするハメになったことがあったのです。
そのとき、失礼を承知で《すみません。ベテランの方に代わっていただけますか》と言った時、あの時の看護師さんのホッとした顔を、私は今でも忘れられません。
プライドが傷つくかと思いきや、自分では無理だなと思った時も、やはり患者から変わってください!と言われない限り、やり続けなければならない心理が働くのだなと思いました。

血管が出にくい人に温めると言うシステムがあって、お湯などが置いてありますが、このお湯がやたら、熱い時があるのでどうにかして欲しいなと思っています。
温めすぎてフラフラになりました。

わたしの友人で薬剤師をしている人がいますが、彼女は総合病院に併設されている薬局に勤務しています。
こちらに薬を受け取りにくる患者さんの中には、やはり同じようなことを話す患者さんがいるようです。
病院では言いにくいことも、薬局の薬剤師たちには気軽に話せる人が多いんだよ、と言ってました。
ベテランさんに変わってと言うのがわたしだけじゃなかった!と、少し安心しました。(笑)

因みに、彼女はとっても英語が堪能なんです。今勤務している病院でも、英語が話せると大活躍のようですよ。
彼女は、こちらのサイトから、英語力を活かせる、ピッタリの薬剤師の求人を探したそうですよ。
※参考としたサイトはコチラ⇒⇒⇒薬剤師求人英語

わたしも、最近歳のせいでしょうか。
手の血管がはっきりとわかるようになりました。
なので、手の血管からお願いしますと言う機会も増えました(失礼ながら、私の腕を見て自信がなさそうになっている看護師さんを見た場合に使っている方法)
これをやれば、間違いなく一発で済みます。

歳をとり、手の血管がうくのはテンションが下がりますが、良いこともありました。

好物の刺身で上と下から大放水、救急搬送された挙句の大出費

腹痛の男性ある日曜の夕食に、イカ、甘エビ、ハマチ、マグロのお刺身を美味しく頂きました。
数時間すると、突然吐き気と腹痛に襲われ、トイレに駆け込みました。
その後は、起きているのもしんどい状態になってしまったのです。

自分で車を運転して病院に行こうか、それともタクシーで行くべきか考えていたのですが、状態は刻々と悪化し、ついには自力で病院に行ける状態ではなくなってしまったため、救急車を呼ぶことにしました。
119番ではなく、行きつけの病院へ直接電話し症状を伝えた所、「恐らく即入院なので、入院の支度をして待っていて下さい」と言われたので、4日分の着替えを準備して救急車を待ちました。

病院に到着するとすぐに採血検査をし、吐き気止めを点滴して頂いたので、ものの数十分で気分は回復しました。
この時は、これなら明日には帰れるだろうと安堵していました。
しかし、病室に運ばれると、感染症の疑いがあるとのことで、1泊8000円の個室に入れられてしまいました。
1泊なら良いかと個室に入り、上司に電話をし病状報告と明日のお休みを頂きました。

翌朝、すっかり気分も良くなり、退院できるだろうと思っていると、主治医から思いもよらない言葉を告げられました。
「1週間の検査入院をして欲しい」
入院は1泊ならぬ1週間!8000円掛ける7日、冷静に計算できる程、私の体調は回復していました。
脳内でそろばんを弾いている所に、主治医からの宣告はまだ続きがありました。
「採血の結果が悪いんですよ。食中毒が原因なのか、持病が再発しているのか、現段階では判断が付かないので、1週間検査入院して下さい」との事。
突然の事で頭が真っ白になりましたが、とにかく会社に現状を伝えました。

食中毒の症状は入院1日目には、すっかり回復していたので、入院3日目にもなると、ベッドの上で寝ているだけの生活が退屈で仕方なくなっていました。
検査結果もすこぶるよくなり、今回は主治医の取り越し苦労となったのでした。
しかし、今こうして元気で生活できるのは、医師のおかげですので感謝しています。