未経験の薬剤師でも求人あるのかな?

介護保険ではなく医療保険で訪問看護が利用できるってご存知ですか?

僕は薬剤師としては全く未経験で知らなかったのですが、実はそういうことらしいです。

かなりブランクがあるんで、再就職は厳しいかな・・・と思ってるんですが、やり方によっては転職もできるみたいです。

詳しくはこのサイトがオススメです。⇒<<薬剤師求人未経験>>

医療的な看護や介護が必要になった時に、一般の人が真っ先に思いつくのは、介護保険認定ではないでしょうか。もちろん、介護保険で認定を受ければ、介護度に応じた介護や支援を受けることは可能です。しかし、介護保険の申請をして認定を受けるまでには、早くても1か月程度はかかってしまいますので、すぐに在宅での看護を受けたいと思っても間に合いません。

 

そんな時に、役立つのが医療保険を使った訪問看護です。主治医が必要だと認めることで訪問看護ステーションから聞き取り調査に訪問をしてくれて、早い場合なら1週間程度ですぐに利用が出来るのがメリットです。確かに介護保険にはそれなりのメリットもあるものの、今すぐに利用をしたい場合や看護を適切に受けたい時は、訪問看護の方が適していると言えます。

 

利用者によって利用日数や時間は異なりますが、大体、週に1回で1時間というケースが多くなっています。内容は、体温、脈拍数、血圧、聴診、食事内容、お通じ、排尿の回数などを聞き取りしてから、それぞれの利用者に応じたリハビリの指導、軽いマッサージを行うのが一般的です。

 

利用料は、口座引き落としにしているところが多いので、利用した月から2カ月後に決まった口座から引き落とされるので、現金の受け渡しが無いのも安心です。また、医療保険を適用しているので、自己負担分だけの支払いで済みます。後期高齢者で1割負担の利用者の場合には、おおむね月の料金が4000円から5000円程度になります。

 

訪問看護を利用するようになって、通院だけでは見逃しがちな身体の変調もいち早く気づくことが出来るようになるので、治療も早く開始できます。また、訪問看護を利用する利用者は、持病を持っているために必要と認められているので、管理や悩みについても訪問看護師に相談が出来るため安心感が得られるようになります。

 

出かけることが一人では出来ない方や困難な方も、訪問看護を利用することによって訪問看護師との会話も出来るので楽しみにしていたり、気持ちの張りが生まれたりするメリットもあります。介護保険だけではなく、医療保険での訪問介護も細かに設定されているので、健康に不安を抱えている場合、家族が心配になっている場合などは主治医に相談してみるのも有効な方法です。